~温故知新~

「昔のことを良く知り、そこから新しい知識や道理を得ること」

私たちは歴史を大切にしています。

しかし、それは何も変わらないことではありません。

「歴史から学び、その中で新しい知識や物の道理を知る」

そのように成長し続ける会社でありたいと思います。

 

代表挨拶

これからも地域になくてはならない会社を目指します

辻吉も450 年以上の歴史を刻む会社となりました。確認出来る歴史をさかのぼると、古くは室町時代から続き、お寺や火葬場運営を経て、現在にいたります。昭和50 年には現在のハートフルホール泉光殿を設立しました。これは大阪府内でも1、2 番を競う速さの設立でした。それ以降、泉佐野や泉南の皆様を中心に、お葬式という儀礼文化を提供してまいりました。

地域の歴史は辻吉の歴史でもあります。大きな時代の変化を、地域の皆様とともに歩んでまいりました。本当に地域の皆様の支えがなければ、現在の辻吉はありませんでした。私たちは、そのご恩を忘れることなく、地域の皆様に恩返しをしたいと考えております。450 年続きました辻吉も、また新たな歩を始め、これから30 年、50 年、そして100 年と歴史を歩む、そのような会社でありたいと考えております。

株式会社辻吉 代表取締役会長
辻戸 富愉子

 

「葬送儀礼の心」を伝えることが私たちの使命です

歴史ある葬儀社として、私たちが伝えたいこと、大事にしたい心は、「葬送儀礼の心」です。家族は、大切な人を亡くし、これまでともに多くの月日を改めて思い出します。

悲しみ、楽しみ、喜びも、もしかしたらお怒りもあるかもしれません。心に甦る故人様との思い出が走馬灯のように駆け巡ります。大切な人を失い悲しみの中で時間を過ごすご遺族は、葬送儀礼の場において、故人様のために集まってくれた多くの縁(えにし)を目の当たりにします。多くの人間関係から自分達の知らなかった故人様の一面を知るのです。

そして、改めて感じる故人様への感謝と尊厳の想いを持って天国へとお見送りをします。葬送儀礼はただの儀式ではありません。心からの悲しみがあり、そしてそれを受け入れ、新しい人生のスタートを切るための場でもあります。
それこそが私たちが大切にしている未来永劫不滅の「葬送儀礼の心」です。「葬送儀礼文化」は、時代とともに大きく変わっています。
しかし、「葬送儀礼の心」は変わることがないと思います。その変わることのない心を、これからも葬送儀礼を通じてしっかりとお伝えしていきたいと考えております。

株式会社辻吉 代表取締役社長

辻戸 吉治

 

 

 

社員からのメッセージ

私達がお手伝い致します。


私たちの仕事は、お客様の人生最後のセレモニーをお手伝いさせていただく、大変尊い仕事です。きっちりとお見送りしてあげたいというご家族の温かい想いと、どうすればいいのかわからないという不安を同時に感じます。私たちはその両方を同時にサポートできる存在であるため、きめ細かいサービスと、お客様との密なコミュニケーションを大切にしています。

そして、葬儀のプロフェッショナルとして、いつも支えてくださっている地域の皆様への恩返しは最高のお葬式を提供することだと考えています。どんな些細なことでも構いませんのでいつでも気軽にご相談下さい。

株式会社 辻吉 社員一同

 

■会社概要>>
■辻吉の取り組み>>
■お客様の声>>
■施設の紹介>>