不幸は、突然訪れてきます。

悲しみも癒えないうちに、「お葬式」の準備をしていかなくてはなりません。

大切な人が亡くなったときというのは、大きな悲しみ・とまどいがあります。

そんな中、様々な事を迅速に決定していかなければいけません。

事前に家族や親戚などと、決められる事は決め、確認すべき事を確認しておきましょう。

 

ご自宅でお亡くなりになった場合

まずは当社へご連絡ください。
スタッフがお伺いさせていただき「枕飾り」を設置して、いつ弔問客が見えてもよい様に準備いたします。

病院で亡くなられた場合の心得

当社寝台車で病院までお迎えにまいります。
亡くなられた時に、医師、看護師さんから病院指定業者(寝台自動車業者=葬儀業者)を紹介されることもありますが、その際には「既に葬儀社は決めております。」とお申し出下さい。
尚、病院指定業者をお断りになっても、何ら支障はございません。万一の時は、ご一報次第、指定場所に伺います。(24時間対応)

親戚に連絡

目上の方でも電話連絡で失礼にはあたりません。

式場の選択

葬儀会場をご自宅・集会所・お寺・泉光殿などの中からお選びいただきます。

宗旨・宗派の確認

お葬儀には仏式・神式・キリスト教式から無宗教式まであり、その飾り付け等もおのずと違います。
特に仏式においては、宗派によって飾り付けに違いがありますので、打ち合わせの際には宗派を確認しておいてください。

喪主の決定

故人に最も近い血縁者になります。配偶者、お子様、ご兄弟などがされることが多いです。

故人の写真を探しておきましょう

祭壇に飾る遺影写真が必要ですので、できるだけ鮮明な写真を準備してください。

会葬者数を予測しておきましょう

通夜・告別式の礼状と供養品の手配の関係上、会葬者数等をある程度予測しておく必要があります。

予測する方法としては、故人の生前の交際範囲とご遺族の交際範囲を合わせたものが、一つの目安となります。
年賀状の受け取った枚数から推測するのもよい方法でしょう。
エンディングノートを活用して、人数を予測するという方法もあります。

また、ご遺族・ご親族の名簿を作成しておくと良いと思います。

最後に ~最も大切なこと~

ご自身で決めた内容、記録したものについては、ご家族へお伝えするか、必ず誰かがわかる場所に保管しておきましょう。

せっかく決められた内容が伝わらず、お葬式後にそのノートが見つかるという事もございます。

そのようなことが起こらないように、きちんとお伝えすることは最も大事なことなのです。